モゲチェック

モゲチェック



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

住宅ローン 金利

 住宅ローン 金利

 

住宅ローン「利率の低さ」で選択していたら、生涯挫折する見込み

 

低利息には恐ろしい危険性が潜んでいる住宅ローンには、3つの利率タイプがある。

 

市中の利率移り変わりによって適用利息が異なる「移り変わり利率型」、

 

一定期間は固定型だが、その後は移り変わりする「固定期間選択型」、

 

加えて完済まで利息が変わらない「全期間固定利息型」だ。

 

利率は、移り変わり利率型や固定期間選択型の固定期間の短いタイプの利率がナンバーワン低く、

 

固定期間選択型の固定期間の長いタイプはある程度高くなり、全期間固定利息型が最も高い。

 

利率は月次頭に吟味しれるが、2017年9月のメガバンクの利率をみると、

 

移り変わり利息型は利率引下げシステムによって0.625%から使用可能なし、

 

固定期間選択型のなかには、それ以下で活用可能な貸し出しもある。

 

それに反対に、全期間固定利率型の利息は1.00%を超えるのが一般的だ。

 

この利率の低さから変化利率型や固定期間選択型を使用する人が多々あるのだが、

 

ただし、その利息の低さの裏側には恐ろしい危険性が潜んでいる。

 

超低利息という事は、ローンてから利息が下がる確率は低く、上がる確率のほうがはるかに高い。

 

そうなった事例なにが起きるのか。

 

それを認識しておかないと悔やみする事になりかねない。

 

利息が低いのはなぜ…?

 

住宅ローンにとっては利率が値段のようなものだが、どのようなフィールドであれ、安いには安い要因がある。

 

つまり、利率が低いには低いなりの所以がある。

 

わけありだからこそ安価に可能なと言ってもいい。

 

例を挙げると、スーパーで売られている安い野菜には、形や色が悪い、

 

味がいまひとつといった訳がある。

 

そのような欠点をカバーするために、特別にプライスを安価にしているわけだ。

 

買う側も、安いのだからと、見栄えの悪さや味が落ちるのを水準を満たすまで承知で買っているだろう。

 

住宅ローンのケースの「わけ」とはなにか。

 

移り変わり利率型や固定期間選択型の最初の利率は低いのだが、

 

その利率が未来にわたってサポートされるものではなく、借入後に市中の利息が上がれば、

 

適用利率も上がって、償還額が増えるといった危険性が潜んでいるのだ。

 

銀行からすれば、市中の利率が上がれば、住宅ローンの適用利率も引き上げる事が

 

可能なので、いつも一定の利ざやを確保可能な。

 

銀行にとっては危険性がないからこそ、低い利率で貸し出す事が可能な。

 

では、誰が危険性を取るのかといえば、活用者である支出者という事になる。

 

ちょっと表現は悪いかもしれないが、活用者に危険性を押しつける事で、

 

利率を低くしているわけだ。

 

だから、活用するなら、先に解説した値段の安い野菜と同じくに、

 

欠点がある事を承知で使用しなければならない。

 

公式サイト住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

モゲチェック・プラザ

page top