モゲチェック

モゲチェック



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

住宅ローン 審査

 住宅ローン 審査

 

住宅ローン審査の基準、通らないのはどんな理由? 

 

初心者が知りたいQ&A

 

住宅ローンを借りる前に、絶対通る事になるのが「住宅ローン査定」。

 

これに通らなければ、融資がお願い通り受けられず、調達候補にしていた住宅が買えなくなる事も。

 

今度は、クレジット査定の項目や、査定を受ける前にしておきたい事など、色々な質問を落着!

 

ファイナンシャルプランナーの新松尊英さんに話を聞いた。

 

住宅ローン査定って何?

 

ベースを知っておこう前もって査定と本査定がある

 

住宅ローンの借金をお願いする人が、お願い額を返金していけるのか、仮に返金できなくなった事例に

 

担保として値打ちがある物件なのかなどを査定するのが住宅ローン査定だ。

 

最初に、住宅ローンを申し込んでから住宅ローン契約を結ぶまでの流れを知っておこう。

 

いつもは、如何なる物件を買い物予定で、どんだけの住宅ローンを借りたいかというお願いを

 

金融組織に伝えて前もってエントリーをし、前もって査定を受けるのが住宅ローン申込み手順の開始。

 

前もって査定では、だいたい物件の値段(ショッピング物件の金額、注文ホームを建てる事例は

 

土地や建物の見積値段など)、借りる人の収入、職業・勤務先などが参考にされる。

 

今の時代はインターネットで前もって査定を受けられる金融機構も多々ある。

 

この事例、収入に関しては自己申告の事例が多々あるが、金融機構によっては

 

収入を証明する書類(源泉徴収票など)を求められる事もある。

 

前もって査定に通り、正式な住宅ローンの申請をする場合に受けるのが本査定。

 

前もって査定よりも詳細に見定めされる事になり、物件資料(売買契約書や施工請負契約書など)

 

や借りる人に関連する書類(公的所得証明書、納税証明書など)の提示も必須になる。

 

この本査定に通ると住宅ローン契約を結ぶ事になる。

 

前もって査定に必要になる期間は1週間程度、本査定に必要になる期間は2週間程度が指標。

 

建築企業が金融組織と提携しているケース、物件に対する査定に必要になる期間が短くなる事もある。

 

反対に、申請の混み具合によってはいつもより期間が必要になる事も。

 

査定はゆとりをもって申請するようにしよう。

 

公式サイト住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

モゲチェック・プラザ

page top