モゲチェック

モゲチェック



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

住宅ローン おすすめ

 住宅ローン おすすめ

 

住宅ローンの借り換えにベストチョイスの金融組織と選び方!

 

マイナス利率の影響を受けて住宅ローンの利息も1%を下回る低水準。

 

住宅ローンを活用して新築住処の購買に目が奪われますが、

 

マイナス利率の恩恵を最大限に受けられるのは、住宅ローンの借り換えをする人です。

 

住宅ローンの借り換えの目的は3つ。

 

月次の固定費を減らして懐具合費を見直す事

 

低い利息に借り換えて住宅ローンの負担を減らす事

 

リーズナブルな計画が付いている住宅ローンで暮らし危険性を抑制する事

 

1つでも成し遂げるやりたい貴方は、住宅ローンの借り換えでどんだけ安上がりになり、

 

どういった長所があるのかを知る不可欠があります。

 

借り換え先を選択する時の要点は

 

「利率が低いか如何にか」借り換え先の金融機構を決める

 

判断基準は「実際、借りている住宅ローンよりも利率が低い」事です。

 

住宅ローンの利息を決める時にポイントとなる長期利息は、2016年3月に一時マイナス0.13%

 

過去最低水準を記録してからも、住宅ローン固定利率10年は0.670%?(2018年9月05日リサーチ時点)

 

と低水準にあります。

 

実際借りている住宅ローンと0.5%以上の利息差がある金融機構に借り換える事が

 

支障がなければ、借り換え諸出費を含めても住宅ローンを低くセーブする事が可能な確率があります。

 

住宅ローンの借り換えにあたって、借り換え前後の指標として

 

「利率差1%以上」「返金の残り期間10年以上」「クレジット残高1000万円以上」と

 

よく聞きますが、これは、10年固定利率が登場したその頃の

 

「住宅ローンの借り換えをうながす指標」として使われたものです。

 

最近では「超低利息」「長期返金の住宅ローン」

 

「住まい代金の上昇で住宅ローン残高が多々ある」などの環境の移り変わりにより、

 

わずかな利息差でも恩恵を受けられる方はいらっしゃると筆者は考えます。

 

借り換えの総額を加算すると借入の残高は即時的に増大しますが、変化利率以外は

 

低い利率に借り換えする事で、年間の償還額は下げる事で年間2万〜11万円ぐらいの

 

省コスト化成果が検証できます。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

モゲチェック・プラザ

page top