モゲチェック

モゲチェック



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

住宅ローン借り換え

 住宅ローン借り換え

 

住宅ローンの借り換えでハマりがちな3つの落とし穴

 

低金利時代のトレンド

 

住宅ローンの折込広告や銀行ポスターでは、一昔前には心積もりられなかったような

 

低い利率が表示されており、住宅ローンの借り換えを吟味している人も多々あるだろう。

 

けれども、貸付金の借り換えによって、一概に返金が楽になるとは限定しない。

 

住宅ローンの借り換えを行う時はどれほどの点に配慮するべきなのだろうか?

 

借り換えの原則真っ先に忘れてはならないのは、借り換えには諸経費が必要になる事だ。

 

俗には次の要件を満たすと、諸経費を考慮してもその上借り換え時良い面があるとされている。

 

(1)利息差1%以上、

 

(2)返金期間が残り10年以上、

 

(3)残りの借入れ値段が1000万円以上??だ。

 

結構厳格な要件に見えるが、これは断っておきますが判断基準。

 

諸経費フリー化の流れが加速する実際、これらの要件総てを満たさなくとも借り換え良いところがある事例もある。

 

この原則を頭に入れたうえで、用心やりたい3つの秘訣をご解説しよう。

 

落とし穴1:

 

諸経費は最初だけとは限定しない借り換え時には諸経費を考慮しなくてはならない。

 

諸経費には「バックアップ料」「事務手数料」「登記経費」などが必要になる。

 

経費の内訳は金融機構ごとに異なる。

 

借り換え時は諸総額の総額を充分に対比するだろうが、決済メソッドに落とし穴がある。

 

それは諸経費には、最初支払うタイプのものと、利息上乗せタイプのものがあるという事だ。

 

一例を挙げればバックアップ料が必要になる住宅ローンでは、決済手法が前払一括型と

 

利息上乗せ型に分かれ、上乗せする利息は0.2%程度必要になる。

 

決して高くはないがランニング費用は無視出来ない。

 

落とし穴2:

 

査定スタンダードは厳格 ヘッドハンティングでも勤続年月には考慮されず

 

新たな借入れ先ではもちろん住宅ローン査定が行われる。

 

詳細は金融組織ごとに異なるが、2〜3年の勤続、年収300万円程度が一般的な要件とされる。

 

それ故借り換えの前に転職をしたり、たまたま業績悪化でお給与が減ったりしたケースには

 

査定が通らない確率があるのだ。

 

マイカー貸し出しや、娘の学資クレジットをこしらえる事も査定に不利となるので配慮やりたい。

 

持て余すのは、ベッドハンティングや実績を買われての転職でも、勤続年月で査定が

 

引っかかってしまう見込みがある事だ。

 

けれども、借り換えのために前提のいい転職を蹴る事はできないという人も多々あるだろう。

 

こういった転職のケースは勤務要件が良くなった事や、お給与が上がった事などを

 

アピールして査定が通るよう働きかけるといいだろう。

 

落とし穴3:

 

健康様子に用心

 

民間金融組織の多くは団体信用生命保険(団信)に参加できない借金ができない。

 

それにより貸付金を組んだ頃より健康ステータスが悪化していると借り換えが困難になる。

 

これは健康な時でも意外な落とし穴になり得る。

 

というのもここ数年、団信の中身がバラエティに富んでいるからだ。

 

単純に死亡・高度障害を保障するだけでなく、3大疾病、5大疾病など病だけでなく、ケガや、

 

看護ステータス、果ては自然災害に備える団信も登場している。

 

年齢が上がる健康への心もとないも増加するため、参加の魅惑が増す。

 

必須か如何にか吟味し、団信保険料が借り換えの良いところを上回らないよう気を付けよう。

 

利息の変わらない借り換えもある本当は利率差がなくてもリットのある借り換えもある。

 

それは利息上昇危険性に備えるための借り換えだ。

 

直近で、移り変わり利率か、期間選択型固定利息の貸付金で支払っている人が、

 

今後返金額が上昇しないよう全期間固定利息に借り換える事例だ。

 

このケースは返金額が変わらなくとも、「一定の償還額」を手に入れれば目的はやり抜くする。

 

直近で変化利息や固定利率期間選択型の貸付金を組んでいる人は、

 

「利息差1%以上でないと長所はない」という思い込みを捨てて、思い巡らすしてみてはどうだろうか。

 

借り換えは、ベースの3要件さえ満たせば得をするというものではないし、

 

たとえ得をするとしても査定や健康状況の問題がある。

 

これらの壁を乗り越えて、よりよい借り換えを目指すといいだろう。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

モゲチェック・プラザ

page top